2010年07月08日

Download Festival2日目No3 SKIN他

お気に入りの『PANIC CELL』が終わり、
大御所ハードロックバンド『Y&T』を見る為、
PEPSI MAX STAGEへ。

途中メインステージで演奏中だった『MEGADEATH』を横目に、
少し小さなPEPSI MAX STAGEへ行くのは、
正直立ち止まって見たいのを(我慢、我慢><)。

で、着いた先でちょうどライブをやっていたのが、
『SENSER』。
PEPSI MAX STAGEはテントで覆われたステージになっていて、
外から見ると、観客がテントの外にまで、あふれている状態でした。

外から聞いた感じ、ノリがよさそだったので、
中に入っていくと、。。。。
一部の観客はトランスってる感じで^^;

2〜3曲聞きましたが、僕達の好みと全く違ったので、
2人ともダウン。。

その後の『Y&T』がありましたが、再び休憩へ・・・

ちょうど『Y&T』が終わった頃、やっと体力が復活したので、
再びPEPSI MAX STAGEへ。

そこまで期待はしてませんでしたが、ブリティッシュハードロックバンド『SKIN
のライブ・・・
熱かったです!
P1040894.JPG

あまり『SKIN』の事は知りませんでしたが、
確か彼らってそこそこの年齢ですよね。
年齢を全く感じさせないパワフルなライブで、
熱さだと今回のDownload Festivalの中で、
1位2位を争う感じでした。

音楽の好みから言うと、少し僕の好みとは違うかも知れませんが、
ライブは燃えました!

ライブ中ハプニングが!!!
曲を聞いてノッテルと、気が付けば隣りにいる彼女が・・・!!

パンツ1枚だけのゲイ風おっさんに取り付かれて(笑)
顔だけ見ればいい感じのおっさんなのですが・・・
下がパンツなんですよね^^;

かろうじて一応イギリス紳士???なのか、
僕の方にも気をつかってノッテいましたけど、
僕は彼女とおっさんは、気にせず熱いライブに集中集中と^^

もし『SKIN』の来日があれば見てみたいです♪

SKIN』が終わり、『Rage Against The Machine』を見る為、
メインステージに。

この時、後で後悔したのですが、
SKIN』の後が『Michael Monroe』だったんですよね。
『Hanoi Rocks』のライブを過去に2度日本で見ていたので、
今回『Michael Monroe』はいいかと思い、
ステージ脇の結構いい場所にも関わらず、
他のステージに行ってしまったんです。

後で知ったのですが、ギターリストに僕の大好きな
『THE WILDHEARTS』のGINGERがいたんです・・
でも、結局は今年のサマソニで見れるので、
まぁよしとするか♪

Rage Against The Machine』のライブに戻りますが、
この日のトリという事もあり、
かなり後ろの方まで沢山の観客が集まっていました。
P1040900.JPG
出来る限り前の方へ行こうと思いましたが、
時すでに遅し。。
で、ある程度の距離の所で諦めて見る事にしました。

ライブはすごい盛り上がりでした。
と言うより、観客がヒートアップし過ぎて、
演奏が中止する場面も。

結構ステージから遠い僕の位置でさえ、
モッシュが起こる程でした。

ですが・・・
ライブを見ていて気付いたのですが、
僕は『Rage Against The Machine』をすごくは好きじゃないらしい。。
すみません。レイジファンの皆さんm(_ _)m
僕は、やっぱり『AUDIOSLAVE派』でした^^;

6〜7曲見てある程度聞いて、他のステージの事が気になり、
セカンドステージの『THIRTY SECONDS TO MARS』の方へ移動。

レイジのノリノリでノッテいる観客の中を、
かき分けて移動するのは大変でしたけど、
なんとか終わりの2〜3曲に間に合い、
見る事ができました。

さっきまで見ていた、レイジの攻撃的なライブとは打って変わり、
ピースフルなライブの雰囲気で不思議な感じでした。

ステージを見ると・・・
あれ???
昼間休憩していたゲストエリアにいた
ピンク色のモヒカン頭の兄ちゃんが・・・
歌っていました^^;
彼はボーカルのJaredだったんですね。

ライブは、最後の一番盛り上がってる所が見れましたが、
Jaredが観客の中からを何人かピックアップして、
ステージ上に連れて一緒に歌っていました。
P1040909.JPG
THIRTY SECONDS TO MARS』はDownload Festivalでは、
セカンドステージのトリでしたが、
サマソニではそうでもないんですよね〜。
反対のパターンもたまにありますが、
その国での認知度か、売れ度の違いなんでしょうかね。

THIRTY SECONDS TO MARS』のライブが終わり、
メインステージが見える丘の上で、
レイジを聞きながら晩ご飯を^^

また、この晩ご飯に食べた、ヨークシャプディングもどきのものが、
なかなかの不味さでした。
特にソーセージが。
例えるなら、賞味期限1週間切れたショッぱい魚肉ソーセージ><
(食べた事ないですけど)

フェス会場では、このヨークシャプディング以外、
基本的にはボチボチ美味しい〜結構美味しかったです。

内容の濃かったフェス2日目が終わり、
寒い寝袋で寝る我が家へ。。。

今回は熱かった『SKIN』のDownload Festivalでの映像を紹介します。






posted by CRUSH ALMIGHTY at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Download Fes&Sonisphere | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

Download Festival 2010二日目No2 WE ARE THE FALLEN他

二日目のお気に入りFive Finger Death Punchが終わり、
次の目的のバンド『WE ARE THE FALLEN』を見る為
セカンドステージへ移動しました。

この時、悩みました。
メタル好きの僕としては、『Lamb of God』→『Megadeth』
と見る為、メインステージに残るか、
WE ARE THE FALLEN』を見る為、セカンドステージに行くか。

結局アメアイファンの彼女の票により、
セカンドステージへ^^;

セカンドステージの方へ行くと、
意外にステージの近くまで行ける程、
初めは人がまばらで・・・

ライブが始まる前になると、
ある程度人で埋まりましたけど、
気持ち空いていたかな。

元Evanescenceのメンバーとアメアイ出場者で、
作られたバンドでも、まだ新人なので客の入りが悪かったのかなぁ。。
P1040870.JPG
ライブの感想は以前見たEvanescenceより、
バンドとしての一体感があり、
いいパフォーマンスだったと思います。

ボーカルのカーリー自身は、
アイルランド出身のアメリカ人なので、
『自分の故郷に帰ってきて嬉しい』
と言っていました。
P1040867.JPG
アメアイの時のカーリーのイメージとは少し変わり、
何度も『F@@K』と言い、お上品になっていました^^;


小言:カーリーがもう少し客を、アオルようにしたら、
   もう少し会場が盛り上がったのになぁ〜

『WE ARE THE FALLEN』のライブが終わり、
少し早い晩ご飯を食べにアコースティックステージへ。

この時食べた、ベジタリアン用パイが意外や意外
『おいしかった〜^^』んです。
マッシュポテトが、パイの中に入ってる感じの物ですけれど、
珍しくフェス会場で、当りの食べ物にありつけました♪

ご飯の後、少しきになっていた
PANIC CELL』のアコースティックステージを見ました。
P1040880.JPG
感想は、
アコースティックだけど、ヘビー!!
髪の毛・・・・・だけどカッコイイ!!
ベテランの風格!?!
P1040882.JPG
確か『PANIC CELL』は日本では売り出されていませんけれど、
オススメです!

音楽スタイルはDisturbedとStone Sour足した感じですかねぇ。

アコースティックステージは観客が少ないので、
簡単に1列目に行けました^^
あと間違っても、サークルピットやクラウドサーフィンとかが、
起きないので安心ですね。

雰囲気はまったりした感じで行われました。
ライブ中ボーカルのLUKEがステージより観客に
『ここはいいなぁ。Megadethのライブが見えるぞ〜』
と・・

彼らにとってもアコースティックでのライブは、
結構珍しいらしく、
『この先ここでは、アコースティックライブは絶対しないよ』
と言う場面も。

彼らの本来のライブを見るのなら、
3日目の通常スタイルのライブがあったのですが、
同じ時間帯にエアロもStone Sourも重なっていたので、
今回アコースティックステージで我慢しました。

ライブはと言いますと、アコースティックなのに、
曲のノリが重いんです。
曲が体にズシッズシッと来る感じでした。
(↑分かりにくいですね。)
P1040881.JPG
確か本来の終了時刻になった頃だったと思いますが、
本人らも結構ノッテきて、
『もう1曲いこう!』と。

ステージ脇の関係者が難色を示していると、
そこはイエイガーマイスタ(お酒)ーステージになるので、
『イエイガーマイスターを皆で買って飲んでやるから、
 もう一曲やらせろ^^』
との強引な交渉でラッキーにも、
もう1曲追加に♪

今度できる事なら、彼らのピンでのライブが見てみたいです。

posted by CRUSH ALMIGHTY at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Download Fes&Sonisphere | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

Download Festival2010二日目No1 Five Finger Death Punch他

今回のDownload Festivalでよかった日と言えば、
僕的には、2日目3日目になります。

1日目もよかったのですが、
フェス自体が始まったのが夕方近くからでしたので、
少し物足らない感じで。。

で、2日目ですが、見たいバンド同士が重なっていて、
フェス当日まで、悩みました。
(ちなみに3日目も同様でしたが^^;)

初めに見たのが、『ATREYU
のほとんど最後の部分からになります。
(本当はHELLYEAHから見たかったのですが、寝坊しちゃいました^^;)
移動しながらでしたので、あまりちゃんとは聞けませんでしたが、
結構よかったですよ。
P1040839.JPG


印象的だったのは、意外や意外に!!
ドラムの方のコーラスが上手だなぁと感じました。
僕はギターリストですので、普段はギターの方へ、
目が行くのですが、今回はドラマーの方へ目が行ってました。

ところで、ドラムのセットが、ツーバスじゃなくて、
どうしてスリーバスなのか不思議でしたけれど・・
(彼は真ん中のアシも使うのかな??)

でも前半のバンドとしては、
かなり観客は盛り上がったと思います。

Download FestivalのキャラクターDogです。
P1040842.JPG

次は、盛り上がった『ATREYU』の次にセミゴス系?の
FLYLEAF』になります。

FLYLEAF』は4年前のDownload Festivalの時、
『Stone Sour』と重なり見れなかったので、
今回はちゃんと見てみようと決めていました。
P1040845.JPG

ライブが始まると・・・
さっきまでの『ATREYU』のパワーに負けてしまって
弱い・・・

でも3〜4曲目になって、
やっと会場を彼らの空気に変えれたなと感じました。

白いドレスで着飾ったボーカルのLaceyと、
ステージ上をすごく動き回るベーシストのPatが、
『対』になっていて、ちょうどマッチする感じでした。

それにしてもPatはよく動き回り、ベースを弾きながら、
ステージ脇の2段積みモニタースピーカーの上からも
飛んでいました。
おそらく2メーター以上はあると思います^^;
P1040844.JPG

次が、『Five Finger Death Punch』!!!
10月のLOUDPARKでも来日しますけれど、
カッコイイですよ〜♪
顔?顔は置いておいて、彼らのライブがカッコイイ!!
P1040858.JPG

この手の若いバンドでよくあるのが、
演奏中、半分我を忘れて自分達もノッテしまい、
テンポが走って演奏も適当と・・・

でも彼らのライブは、程よく自分達もノッテいて、
演奏もしっかりしていて、そして雰囲気がいい!
P1040856.JPG

P1040857.JPG

あとMC時に、観客をからかって
Vo 『ここは最高だ!』
観客『イェーー』
Vo『お前らは最高だ!』
観客『イェーー』
Vo『眠いヤツいるか?』
観客『イェーー』
と遊んだり、
Vo『お前ら俺達の曲をネットで不法にダウンロードしてるか?』
Vo『盗人め(笑)』
と、ステージ上の人柄も好感が持てました。

ある時ボーカルのIvanが、観客に
『お前らの前に警備員がたくさんいるけど、
 彼らはお前らの敵じゃない。』
『だから彼らに攻撃するな。』
と言い出し、あとよく似た事を言った後、
『アリーナの柵を越えてステージ前まで来たら、
 俺がタッチしやる。』
と言った後、少し騒ぎが・・

アリーナの中から元気のいいキッズ達が、
柵を越えてステージ前まで猛ダッシュ。。
さすがに警備が、その事態を押さえきれなくなり演奏中止に。
その時の写真です。
P1040862.JPG

もちろん会場からはブーイング。
Ivanは『すまなかった。俺の失態だ。』
と素直に謝ると、会場から拍手が(エライ!)

その一部始終を見て、
さらに彼らのパーソナリティーが、気に入りました。

彼らは元々見たいバンドの1つでしたが、
ライブを見て、さらに好きになりました。

LOUDPARKでの来日が楽しみです。
OZZY、KORNもいいですけれど、
Five FInger Death Punchも見逃さないで下さいね^^

今回のFive Finger Death Punchのライブ映像を紹介しますね。
posted by CRUSH ALMIGHTY at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Download Fes&Sonisphere | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。