2009年10月21日

英国紳士?にたかられかけた!

   ロックフェスが終わりホテルに帰る途中の出来事でした。
  フェス会場と駅を結ぶバスに乗り、
  終点の駅に着いたので僕達は降りました。
  しばらくその辺りはロックファンで埋め尽くされている
  状態でした。
  そこからホテルの方へ数分歩いた時です。
  一人のスーツを着たおじさんが近寄ってきました。
  暗かったのではっきりとはしませんでしたが
  見た感じ英国紳士風でした。
  で何か用があるのかと思い彼の話しかけてくる
  言葉に耳を傾けますと・・・   すごーく丁寧な英語の言い回しで
   『すみません。』
   『少しお話しする時間をいただけませんか?』
   『もしあなた様がお金に余裕がおありでしたら
    わたくしに少しで結構ですうので小銭を分けて
    いただけないでしょうか?』
    ・・・  
   はじめあまりにも紳士的な態度で接されたので
   思わず彼の話しを聞いてしまいました。
   がよくよく考えると
   『これってたかられてる!
   と気づきました。
   その後どういう訳か僕らのやりとりを見ていた
   女性の補導員?警官?らしき人がやってきて
   彼をどこかへ連れて行きました。
   という僕の唯一の海外で犯罪?にあいかけた
   事件でした。

   みなさんは海外旅行の時どうやって
   犯罪に遭わないようにされています?
   僕は毒をもって毒を制すで、
   『襲われるより襲う側になれ』
   です。
   別に実際には襲うなんて事は絶対しませんが
   見た感じ、雰囲気などを小汚い感じで行くように
   しています。
   これは結構効果的なのかこれ以来
   何かに騙されたり、たかられたりは
   した事がありません。
   ですがレストランや高級ホテルでは
   オススメできません。
   むこうの人達は日本より外見で
   人を判断する傾向があります。
   ですのでさすがに僕もそういった
   ハイクラスな場へ行く時用には
   ジャケットを着てちゃんとした格好で行きます。
   『毒をもって毒を制す』
   よりも
   『郷に入っては郷に従え』
   ですかね。

   今日の記事にあってる曲といえば
   Guns N' Roses の Welcome To The Jungleですかね。
 
    ひらめき応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ
どんっ(衝撃)こちらも1日1クリックの応援お願いします
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
posted by CRUSH ALMIGHTY at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130801027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。