2010年07月16日

Download Festival3日目No2 MOTORHEAD他

観客の入りがすごくよかった『SLASH』に引き続き、
次は『BILLY IDOL』。
P1040945.JPG
あれ?ちょっとさっきまでの観客の密集度が、
薄くなったような・・・

と言うのも、この頃から雨が降り出し、
雨具を持っていない観客が脱落し始めました。
僕達はと言うと、すごーく珍しくカッパを持っていて、
一応助かりました^^;

この日キャンプサイトを出る時、
カッパを持っていくのを忘れていました。
キャンプサイトから5分程歩いた所で、
何気に一応持参しておこうと思い、
取りに帰ったのがラッキーでした♪

そんな雨の中の『BILLY IDOL』のライブでしたが、
熱く、サービス精神満載のステージを、見せてくれました。
P1040949.JPG
今回ギターリストとしては、
お馴染みのSteve Stevensが参加していました。
彼はBILLYの様々なタイプの曲に、上手く合わせる事が出来る、
器用なギターリストというイメージかな??

雨のせいで音響トラブルが起こり、
途中何度もボーカルの声が聞こえなくなりました。
ですが、反対にBILLYはその分、
観客にサービスを、と言う雰囲気がとても印象的でした。

ある時、ステージから降りてきて、
観客1人1人に握手やハグをし始めて、
僕の所にも^^
僕は握手は出来ませんでしたが、タッチする程度で♪
P1040956.JPG
余談ですが、今回タッチ出来たミュージシャンは他に
『SLASH』のMyles Kennedyも出来ました。
別にタッチしたからと言って、
何があると言うわけでもないのですが、
近くに来ると思わずやってしまうんですよね〜

雨は引き続き降っていましたが、
ライブはそのまま行われ、
次がLOUD PARKでも来日予定の『Motörhead』。

この時悩みました。
AIRBORNと大好きなSTONE SOURを見るため、
セカンドステージへ行くか、
このままメインステージの好位置をキープするか。

結局トリのエアロをこんな近くで見れる事は、
この先あまりないだろうと思い、
その場にとどまりました。

Motörhead』のライブが始まり、
雨はさらにひどく・・
カッパを着ていてもどういう訳か、
雨が染みてきて震えながらライブ鑑賞を。
P1040961.JPG
それにしてもボーカルのLEMMYの声域はスゴイですね。
どうしてあれだけ狭い声域でも、ボーカルが出来るのかが
不思議なくらいで^^
でも彼の声で歌わないと『Motörhead』の曲に
ならないんですよね。

結構観客がノッテきた時に、
ドラムソロが><
あれは辛かったです。

雨がダァーダァー降ってる時のドラムソロ・・・
さすがにドラムソロでノリノリにはなれないので、
ジーーーーーーっと寒い中、終わるのを待っていました。

周りの観客もクールダウン状態^^;
でも確か最後の方で、先程演奏していたSLASHが、
サプライズで参加して、再び盛り上がりましたけどね^^

その時の映像を紹介します。
映像だとあんまり盛り上がってないかな^^;
posted by CRUSH ALMIGHTY at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Download Fes&Sonisphere | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

download festival三日目No1 SLASH他

Download Festival3日目は、がんばりました。
12時30分位から始まった『SAXON』に始まり、
最終の『AEROSMITH』の23時頃まで、
メインステージの前の方でがんばりました^^;

途中何度か、抜け出して休憩をしようかと思ったのですが、
ステージから10メートル位の好位置にいれたので、
結局最後まで・・・

この日はまたまた大変な日でした。。
ある時、日焼けする程の太陽が照ったかと思えば、
その後、ドシャ降りの雨で。

周りでも体を震わせながら待つ人、
寒さで脱落していく人、
中には寒さのあまり担架で運ばれる人、
自分のチン○を紙コップに入れて、
周りからばれない様、その場で立ションする奴
・・・・
↑その光景を見た時、ギョっとなりましたが、
 スイスのSonisphereはさらにその上が^^;
(僕は、ちゃんと終わるまでトイレは我慢しましたよ><)

そんな3日目のDownload Festivalは、
昼過ぎの『SAXON』から見ました。
70年代からの歴史の長いバンドとあって、
オーディエンスのアオリ方が上手いなと思いました。
P1040918.JPG
見た感じ少し年老いた感じはありますが、
ライブ自体はパワーに満ちたパフォーマンスでした。
P1040920.JPG
彼らの曲をあまり詳しく知らない僕でも、
ライブが楽しめて、意外にいい時間を過ごせました。

次が『CINDERELLA』。
実は、3日目のバンドの中では、
最も見たいバンドの1つでした。
P1040926.JPG
ですが・・・
その前にパワーのあるライブをやった『SAXON』の後のせいか、
何故か見劣れしました。
か、僕の期待が大きすぎたせいか・・・

特にライブの前半は、
いつ盛り上がるの?といった感じで。
中盤辺りで、彼らのヒット曲Gypsy Roadを演奏した頃から
やっと火がついた感じでした。
P1040928.JPG
ライブを見て思ったのは、
ちょっと時代遅れかも・・・

別に80年代のバンドを否定する訳ではありませんが、
同じ日にやったエアロ、Saxon、ビリーアイドル等、
彼らは全く時代を感じさせないライブをしました。

なので『CINDERELLA』は、好きなバンドの1つだったので、
ちょっと寂しかったかな。。

それにしてもVoのTOMは、
歌って、ピアノ弾いて、サックス吹いて、ギターソロ弾いて・・・
と多才ですね^^;

次がサマソニにも来る『SLASH』。
SLASH』のライブ前になると、
観客、カメラマンの数が一挙に増え、
雰囲気が一変しました。
P1040938.JPG
今回のアルバム曲『Ghost』が始まると、
観客は一斉に盛り上がり、多数のカメラマンも皆レンズは、
SLASH』の方へ。

でも少し気になったのが、皆の視線が『SLASH』の方へ。
確かに彼のバンドですが、今回僕はボーカルのMylesを賞賛したいです。
P1040937.JPG
ガンズの曲を何曲か演奏しましたけれど、
僕が心配していたのは、あのアクセルのボーカルを
他人が出来るのかなと。。

Mylesは原曲を殺さず、新たに『SLASH』の曲として、
すばらしく歌っていたなと思いました。
あとステージ上での度胸?がすばらしいと感じました。

あれだけ観客もメディアもギターの『SLASH』に注目する中、
十二分にフロントマンとしての役目を果たしたと思います。

ちなみに僕はMylesが在籍している
『ALTER BRIDGE』のライブを見たいと、
以前から見てみたいと思ってるのですが、
なかなか運悪く見れないんです〜

前回Download Festivalに行った時は、
METALLICAと時間が重なり見れず、
今回は彼は『SLASH』で歌っていましたので・・
また来年に掛けたいと思います。

ライブ中ちょっとしたサプライズが^^
Doctor AlibiのボーカルにモーターヘッドのLemmyが。
P1040942.JPG

今回、僕の好きなガンズの'Sweet Child O' Mine' を演奏した時の模様を紹介します。
posted by CRUSH ALMIGHTY at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Download Fes&Sonisphere | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

Download Festival2日目No3 SKIN他

お気に入りの『PANIC CELL』が終わり、
大御所ハードロックバンド『Y&T』を見る為、
PEPSI MAX STAGEへ。

途中メインステージで演奏中だった『MEGADEATH』を横目に、
少し小さなPEPSI MAX STAGEへ行くのは、
正直立ち止まって見たいのを(我慢、我慢><)。

で、着いた先でちょうどライブをやっていたのが、
『SENSER』。
PEPSI MAX STAGEはテントで覆われたステージになっていて、
外から見ると、観客がテントの外にまで、あふれている状態でした。

外から聞いた感じ、ノリがよさそだったので、
中に入っていくと、。。。。
一部の観客はトランスってる感じで^^;

2〜3曲聞きましたが、僕達の好みと全く違ったので、
2人ともダウン。。

その後の『Y&T』がありましたが、再び休憩へ・・・

ちょうど『Y&T』が終わった頃、やっと体力が復活したので、
再びPEPSI MAX STAGEへ。

そこまで期待はしてませんでしたが、ブリティッシュハードロックバンド『SKIN
のライブ・・・
熱かったです!
P1040894.JPG

あまり『SKIN』の事は知りませんでしたが、
確か彼らってそこそこの年齢ですよね。
年齢を全く感じさせないパワフルなライブで、
熱さだと今回のDownload Festivalの中で、
1位2位を争う感じでした。

音楽の好みから言うと、少し僕の好みとは違うかも知れませんが、
ライブは燃えました!

ライブ中ハプニングが!!!
曲を聞いてノッテルと、気が付けば隣りにいる彼女が・・・!!

パンツ1枚だけのゲイ風おっさんに取り付かれて(笑)
顔だけ見ればいい感じのおっさんなのですが・・・
下がパンツなんですよね^^;

かろうじて一応イギリス紳士???なのか、
僕の方にも気をつかってノッテいましたけど、
僕は彼女とおっさんは、気にせず熱いライブに集中集中と^^

もし『SKIN』の来日があれば見てみたいです♪

SKIN』が終わり、『Rage Against The Machine』を見る為、
メインステージに。

この時、後で後悔したのですが、
SKIN』の後が『Michael Monroe』だったんですよね。
『Hanoi Rocks』のライブを過去に2度日本で見ていたので、
今回『Michael Monroe』はいいかと思い、
ステージ脇の結構いい場所にも関わらず、
他のステージに行ってしまったんです。

後で知ったのですが、ギターリストに僕の大好きな
『THE WILDHEARTS』のGINGERがいたんです・・
でも、結局は今年のサマソニで見れるので、
まぁよしとするか♪

Rage Against The Machine』のライブに戻りますが、
この日のトリという事もあり、
かなり後ろの方まで沢山の観客が集まっていました。
P1040900.JPG
出来る限り前の方へ行こうと思いましたが、
時すでに遅し。。
で、ある程度の距離の所で諦めて見る事にしました。

ライブはすごい盛り上がりでした。
と言うより、観客がヒートアップし過ぎて、
演奏が中止する場面も。

結構ステージから遠い僕の位置でさえ、
モッシュが起こる程でした。

ですが・・・
ライブを見ていて気付いたのですが、
僕は『Rage Against The Machine』をすごくは好きじゃないらしい。。
すみません。レイジファンの皆さんm(_ _)m
僕は、やっぱり『AUDIOSLAVE派』でした^^;

6〜7曲見てある程度聞いて、他のステージの事が気になり、
セカンドステージの『THIRTY SECONDS TO MARS』の方へ移動。

レイジのノリノリでノッテいる観客の中を、
かき分けて移動するのは大変でしたけど、
なんとか終わりの2〜3曲に間に合い、
見る事ができました。

さっきまで見ていた、レイジの攻撃的なライブとは打って変わり、
ピースフルなライブの雰囲気で不思議な感じでした。

ステージを見ると・・・
あれ???
昼間休憩していたゲストエリアにいた
ピンク色のモヒカン頭の兄ちゃんが・・・
歌っていました^^;
彼はボーカルのJaredだったんですね。

ライブは、最後の一番盛り上がってる所が見れましたが、
Jaredが観客の中からを何人かピックアップして、
ステージ上に連れて一緒に歌っていました。
P1040909.JPG
THIRTY SECONDS TO MARS』はDownload Festivalでは、
セカンドステージのトリでしたが、
サマソニではそうでもないんですよね〜。
反対のパターンもたまにありますが、
その国での認知度か、売れ度の違いなんでしょうかね。

THIRTY SECONDS TO MARS』のライブが終わり、
メインステージが見える丘の上で、
レイジを聞きながら晩ご飯を^^

また、この晩ご飯に食べた、ヨークシャプディングもどきのものが、
なかなかの不味さでした。
特にソーセージが。
例えるなら、賞味期限1週間切れたショッぱい魚肉ソーセージ><
(食べた事ないですけど)

フェス会場では、このヨークシャプディング以外、
基本的にはボチボチ美味しい〜結構美味しかったです。

内容の濃かったフェス2日目が終わり、
寒い寝袋で寝る我が家へ。。。

今回は熱かった『SKIN』のDownload Festivalでの映像を紹介します。






posted by CRUSH ALMIGHTY at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Download Fes&Sonisphere | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。